MENU

有酸素運動と無酸素運動の違いについて

 

有酸素運動と無酸素運動を説明する前に、簡単に生物の運動時におけるエネルギーの使用について説明したいと思います。
人を含め、生物は絶えずエネルギーを使って生命活動が行われています。
当然このエネルギーは、何もない所から勝手に生まれてくるワケではありません。
エネルギーの源になる物が体の中で生産されています。
このエネルギーの源になる物の作られ方は2つに分類され、酸素を使って生産する方法と酸素を使わずに生産する方法があります。

 

ここで、エネルギーの源の量=エネルギーの量と考えてください。

 

また、それぞれの生産方法に特徴があるわけですが、詳しく説明すると本題とずれてしまいますので簡単に説明させていただきます。

 

酸素を生産に必要とする場合は、エネルギーの源となる物質の量は多いく、生産スピードは遅いです。
一方、酸素を生産に必要としない場合は、エネルギーの源となる物質の量は少なく、生産スピードが速いです。

 

 

以上のことを踏まえて、有酸素運動と無酸素運動を説明します。

 

有酸素運動は読んで字のごとく、酸素を使う運動です。
マラソンや、ウォーキング等、継続的に多くのエネルギーを使い、瞬発的ではなく緩和的な運動に多いです。
より多くのエネルギーを使うわけですから、ダイエットに向いているわけです。(実際はそれだけではありませんが)

 

無酸素運動は反対に酸素を使わない運動です。
短距離走や腕立て、腹筋等、継続的にエネルギーを多く使わないが、瞬発的にエネルギーを使う運動に多いです。
豆知識ですが、短距離など無酸素で走っている時呼吸が苦しくなり、酸素を吸いこんでしまう場合があると思います。
これは、無酸素状態で生産されていたエネルギーの源がたりなくなり、酸素を使ってエネルギーの源を作ろうとするために起こる現象です。

 

酸素を使うので、呼吸した瞬間体の中でエネルギーの源を作る回路が、酸素を使用しない場合の回路から酸素を使用した場合の回路にかわり、若干スピードが遅くなります。